So-net無料ブログ作成
検索選択

殺人の追憶 [ ├韓国映画]

ブログランキング ←クリックしてね♪ HOME ⇒タイトル
俳優プロフィール

   1986年~1991年韓国で実際に起こった未解決事件を題材に描いたサスペンス
      「殺人の追憶」(MEMORIES OF MURDER)をご紹介

殺人の追憶

殺人の追憶

『キャスト』
 
 パク・トゥマン・・・・・・・・・・・・ソン・ガンホ【シュリ】【JSA】【グエムル~漢江の怪物~】
 ソ・テユン(ソウル市警)・・・・キム・サンギョン【気まぐれな唇】
 チョ・ヨング・・・・・・・・・・・・・・キム・レハ【グエムル~漢江の怪物~】【ほえる犬は噛まない】
 パク・ヒョンギュ(容疑者)・・・パク・ヘイル【グエムル~漢江の怪物~】【菊花の香り】
 ク・ヒボン(班長)・・・・・・・・・・ピョン・ヒボン【グエムル】【ほえる犬は噛まない】【1%の奇跡】
 ペク・グァンホ・・・・・・・・・・・・パク・ノシク
 グァンホの父・・・・・・・・・・・・・チェ・ジョンニュル【青春漫画】【サッド・ムービー】
 シン・ドンチョル(後任班長)・・・ソン・ジェホ

『ストーリー』 

  1986年-1991年 韓国のとある農村で10人の女性が殺された。
  3000人の容疑者が取調べを受け、180万人の警察官が動員された。
  この映画は、軍事政権の下、民主化運動に揺れる韓国でおきた未解決事件
  「華城(ファソン)事件」を題材にしたフィクションである。 

 殺人事件現場に向かったパク刑事は、勝手に写真を撮る記者や、走り回る子供を見て、
 現場保存が全くできていないことに苛立つ。
 鑑識課が現れた時には、証拠の足跡が消された後だった。
 他に犯人の痕跡は残っていなかった。

 ソウル市警からソ刑事が来たが、足で捜査をするパク刑事は、頭を使うソ刑事と対立する。
 パク刑事はチョ刑事と共に、顔に火傷のあとが残るクァンホを犯人に仕立てようとする。
 証拠もでっちあげ、クァンホが犯人ではないというソ刑事の話は聞かず、現場検証をはじめた。
 そこにクァンホの父が現れ、クァンホは殺していないと大騒ぎになり、班長は解任される。
  
『コメント』

 ・1986年~1991年、10回の強姦殺人事件「華城(ファソン)事件」を題材にしたフィクション映画。
 ・【グエムル~漢江の怪物~】【ほえる犬は噛まない】のポン・ジュノ監督の作品。 
 ・2003年度の観客動員数1位の作品。
 ・このタイトルは、最後まで見たらなるほどと思います。

 ---------------------------------------

   ⇒詳しいストーリーはCINEMA TOPICS ONLINE のページへ。

 ---------------------------------------
   ▽関連商品の購入はこちら▽

華城(ファソン)事件は終わっていない~担当刑事が綴る「殺人の追憶」~

華城(ファソン)事件は終わっていない~担当刑事が綴る「殺人の追憶」~

  • 作者: ハ・スンギュン
  • 出版社/メーカー: 辰巳出版
  • 発売日: 2004/03/26
  • メディア: 単行本


   ■単行本 殺人の追憶
   ■DVD  殺人の追憶


HOME  ⇒タイトル一覧  ⇒俳優プロフィールこのページの一番上へ


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。