So-net無料ブログ作成
検索選択

グエムル~漢江の怪物~ [ ├韓国映画]

ブログランキング ←クリックしてね♪ HOME ⇒タイトル
俳優プロフィール

  韓国観客動員数歴代1位を記録した グエムル~漢江(ハンガン)の怪物~」 をご紹介

グエムル-漢江の怪物- スタンダード・エディション

グエムル-漢江の怪物- スタンダード・エディション

『キャスト』
 パク・カンドゥ(長男) ・・・・・・・・・・・・・・・・ソン・ガンホ 【殺人の追憶】
 パク・ヒボン(3人の父) ・・・・・・・・・・・・・・ピョン・ヒボン 【殺人の追憶】【1%の奇跡】【火山高】
 パク・ナミル(次男 大卒フリーター)・・・・・・・・パク・ヘイル 【殺人の追憶】
 パク・ナムジュ(長女 アーチェリー銅メダル)・・・ペ・ドゥナ【威風堂々な彼女】【ミス・ヒップホップ&ミスター・ロック】
 パク・ヒョンソ(カンドゥ娘)・・・・・・・・・・・・・コ・アソン 【悲しき恋歌】ファジョン子役

ストーリー 
 2002.09 ヨンサン基地内 霊安室
        ホコリを被ったホルマリン(ホルムアルデヒド)を下水に流せと命令され、
        漢江に流れることを知りつつも大量の毒薬を流してしまう。
 2002.06 漢江で釣りをしている人が奇形の魚を発見。コップに入るくらいの大きさ。
 2006.10 漢江にかかる橋の上から飛び降りようとしている人が黒い影を発見。
        その後、上半身だけの死体があがる。
 
 漢江のそばで売店をしているパク家。
 パク・カンドゥは客にスルメイカを届けるため外に出る。
 そこでは橋の下に"なにか"がいると騒ぐ人々がいた。
 河に飛び込んだその生物は河から上がり、河川敷にいた人々を襲い始める。

 一方、何も知らず店で娘ナムジュのアーチェリーの試合をTV観戦するヒボンと孫ヒョンソ。
 金メダルを逃したナムジュを見たヒョンソはがっかりして外に出る。

 怪物が暴れる中、カンドゥはヒョンソの手を引いて逃げるが、途中で手を離してしまい、
 ヒョンソは怪物に連れ去られてしまう。
 目の前で怪物に一飲みにされる娘を見たカンドゥは悲しむ。

 パク一家は検査のため病院に連れて行かれる。
 その夜カンドゥの携帯に死んだと思っていたヒョンソから電話がかかってくる。
 「大きな下水溝の中にいるから助けて」と。
 カンドゥは医者や警官にその話をするが頭がおかしくなったと思われ、信じてもらえない。
 そこで一家は病院を抜け出し、ヒョンソの救出に向かった。

『コメント』
 ・ソン・ガンホ、ピョン・ヒボン、パク・ヘイル、ペ・ドゥナは皆、ポン・ジュノ監督作品出演経験者。
 ・韓国では興行記録を更新し、他のアジア各国やカンヌでも評判だったが、日本では低調。
   子供の頃から怪獣ものに慣れ親しんでいる日本人にはちょっと期待はずれだったのか、
   韓国嫌いの人がわざと見なかったのか・・・
 ・人はたくさん死ぬけど怖くない!
   スプラッターはダメな私。
   人を噛み砕いたり、血だらけで苦しむ人が迫ってきたり、振り向いたら怪物のアップ・・・
   とかなくて良かった♪怖かったら見るのやめようと思っていましたが、最後まで観れました。
   最初から家族愛をテーマにした話だと思えば良かったんだと思う。
   ホラー苦手の人でも見れますよ。
 
 ---------------------------------------
   ▽Yahoo!ムービー▽グエムル特集▽
     http://event.movies.yahoo.co.jp/theater/guemuru/
 ---------------------------------------

グエムル-漢江の怪物- コレクターズ・エディション

グエムル-漢江の怪物- コレクターズ・エディション

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • 発売日: 2007/01/26
  • メディア: DVD


 ■DVD グエムル-漢江の怪物- スタンダード・エディション
       グエムル-漢江の怪物- コレクターズ・エディション
 ■CD  グエムル-漢江の怪物 韓国映画OST (韓国盤)


HOME  ⇒タイトル一覧  ⇒俳優プロフィールこのページの一番上へ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。